ミシェランガイド
そばの美味しい動画

300年の伝統の出石皿そば

江戸時代中期の宝永3年(1706年)信濃国上田藩より但馬国出石藩に国替えとなった仙石政明が、蕎麦(信州そば)職人を連れてきた事に始まりました。

幕末(1853年)のころより「出石焼」の提供と共に、屋台で供される皿そばの持ち運びに出石焼の手塩皿(てしょうざら)が使われていました。現在のスタイルへと確立されたのは昭和40年代とされています。

出石には約50軒の蕎麦屋があります。その中で、一番新しいのが、郷土蕎麦一鶴(いっかく)です。座右の銘は、「温故知新」。先代達が築きあげられた出石皿そばの歴史に恥じないように、美味しい蕎麦を、美味しいうちに食べていただくよう日夜、努力、精進致しております。「蕎麦打ちに、奇跡は起こらない!」と、材料の吟味から製造まで気を抜くことなく、お客様の「美味しかった。」を聞くことを至上の喜びと致しております。是非一度、当店にご来店頂き、若輩者の心意気をご覧頂きたいと思います。まだまだ至らぬ事ばかりですが、どうぞ宜しく、ご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます。

一鶴饗主 川見啓介

お品書き

夕方は売切御免。
18:00以降は、ご予約をお願い致します。

  • 出石皿そば

    出石皿そば

    1人前5皿850円

  • 一鶴そば(十割)

    一鶴そば(十割)

    1,100円

  • 出石皿そば

    出石皿そば

    1人前5皿850円

  • 一鶴そば(十割)

    一鶴そば(十割)

    1,100円

出石そば 蕎麦打ち体験

蕎麦打ち体験

出石蕎麦の本場で、蕎麦打ち体験してみませんか。

蕎麦打ち体験

お取寄せ

出石蕎麦のお取寄せです。
ご自宅で本場の味をお楽しみください。

お取寄せ